| TOP | 漢方薬酒のすすめ | 漢方薬酒の作り方 | 漢方薬酒十六選択 | 漢方薬酒材料セット価格 |

複方漢方薬酒十六選

●滋養強壮効果のある漢方薬酒
 

百酒の王者とうたわれる

周公百歳酒

【材料】
朝鮮人参5g、黄耆10g、百朮8g、茯苓8g、山薬8g、枸杞子8g、五味子5g、肉桂5g、陳皮5g、当帰8g、センキュウ8g、芍薬8g、地黄10g、 熟地黄10g、麦門冬8g、亀板10g、防風8g、キョウカツ8g、焼酎1.5リットル、砂糖200g、はちみつ50g。

【効果】
滋養強壮、胃腸虚弱、食欲不振、血食不良。薬味臭と苦味のある酒です。中国に古来から伝わる有名な薬酒で、昔は周公旦という名君が愛飲して長寿を全うしたと伝えられています。補気、補血、補腎の要素が巧みに配合された最高の補養薬酒として現代でも高く評価されています。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル一日二〜三回毎食前か空腹時に。


 

風邪をひきにくくする

 

老化を予防する



保 元 酒

     

【材料】
朝鮮人参30g、黄耆40g、灸甘草15g、桂皮15g、焼酎1リットル、砂糖100g、果糖50g。

【効果】
無気力、食欲不振、疲れやすい。
風邪をひきやすい。
褐色澄明な、 口あたりのよい酒。朝鮮人参、黄耆、灸甘草は補気の 効果があり、消化吸収機能や、代 謝を高め、 脳の興奮を増やして、 全身の機能を改善します。 また黄 耆は皮膚の血行を改善し、汗腺機 能を調整するので、風邪をひきにく くなります。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日二〜三回毎食前か空腹時に。

 


【材料】
何首烏40g、破故紙20g、茯苓20g、 莵絲子30g、枸杞子20g、当帰15g、 牛膝15g、焼酎1リットル、砂糖100g、 果糖80g。

【効果
老年者老化防止、疲労、無気力。
特異な香りをもった酒。この酒は中 国古代、皇帝に献上するために作 ったといわれる名方の一つ。
動脈硬化や高血圧によい何首烏 を主薬とし、破故紙、枸杞子、莵絲 子が老化予防、茯苓、牛膝の利尿 作用と、各部の充実をはかってい ます。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日二〜 三回毎食前か空腹時に。




胃けいれんにもよい     スポ−ツ後の疲労回復に















【材料】

桂皮20g、芍薬30g、大棗20g、灸甘草15g、生姜10g、焼酎1リットル、はちみつ250g

【効果】
虚弱体質、食欲不振、風邪をひきやすい。
褐色で、 香りのよい、甘いまろやかな酒。効きめがゆるやかで、強壮酒として老若男女を問わず飲め ます。強壮、増血作用のある芍薬 を主とし、大棗、甘草が協力して、 鎮痛、鎮痙の作用もあります。

【飲み方】
一回ニ〇ミリリットル、一日三回毎食前に。


【材料】

朝鮮人参40g、五味子20g、五加参50g焼酎1リットル、砂糖100g、はちみつ100g。

【効果】
疲労回復、夏負け、無気力倦怠、体力増強。
アルこ−ルとはちみつが作用し て、既効的疲労回復剤として評 価が高い酒。朝鮮人参、五味子、 五加参には、益気回生の働きが あり、夏の暑さ負けや、スポ−ツ で汗をかいたあとの疲労回復に 最も適した酒です。

【飲み方】
一回二〇〜三〇ミリリットル、一日二〜三回随時。




●性機能を回復させる漢方薬酒

 

補腎、性機能増強





【材料】
鹿茸15g、朝鮮人参(紅参)60g、枸杞子20g、灸甘草20g、大棗30g、砂糖80g、蜂蜜50g、焼酎1リットル。

【効果】
補腎、強壮、強精。
性機能減退、インポテンツ、不妊症、小児の発育不良、 貧血、メマイ、耳鳴り、頭痛、頭重、四肢のしびれ、不眠、更年期障害など、または過労、神経衰弱、ノイローゼ、心筋疲労症、低血圧症などに有効です。
人参や鹿茸の特有の香りがある酒。この酒は、中国清朝時代、清朝宮庭専用の「清宮御薬製薬房」である同仁堂(現在の北京同仁堂)の清宮秘方酒の一種。漢方生薬のなかに補腎、強壮、強精の機能を最もはっきり発揮する鹿茸を主薬とし、朝鮮人参が滋養強壮、 両者のバランスを巧妙に取り、青年から老年まで適用酒で、中国には、強壮、強精として最も人気のある酒です。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル位、一日二〜三回毎食前か空腹時に。




強精薬の草分け

 
 

足、腰の衰えにも効果がある



禿鶏散酒









【材料】
蛇床子30g、肉従蓉20g、五味子20g、莵絲子20g、遠志20g、焼酎1リットル、砂糖150g、果糖50g。

【効果】
精力減退、インポテンツ、早漏、交後倦怠感。
特異な香りのある酒。これも中国 古代からの有名な処方の一つ。
故事に、 この薬を啄ばんだ雄鶏 に効果があったというところから この名が付いたとか。一般にはあ まり知られていない蛇床子も、最 近の動物実験で優秀な効果が認 められています。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日三回毎食前か空腹時に。


【材料】

イカリ草50g、肉従蓉30g、茯苓40g、 灸甘草20g、焼酎1リットル、砂糖100g、 はちみつ15g、みりん50g。

【効果】
性機能減退、インポテンツ、遺精、健忘。
黒褐色の、濃厚で苦味のある酒。イ カリ草のことを仙霊脾ともいいます。
主薬は性機能に作用するイカリ草 で、 腎虚による老人ボケにも効果 が。肉従蓉は男女の生殖器を中心 とする諸機能によく、茯苓の補益利 腎の効果との相乗作用で機能回復 させます。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日二回毎食前か空腹時に。




●健胃効果のある漢方薬酒

腹部の張りをとる





【材料】
小茴香35g、厚朴40g、生姜25g、焼酎1リットル、砂糖100g、果糖80g。

【効果】
腹部膨満感、悪心、健胃、消化不良。
 褐色の、芳香と辛みのある酒。小茴香はスパイスとしても有名。独特な香りがあり、健胃の薬として用いられています。 生姜とともに胃液分泌を促進して消化力を高め、厚朴が、胃腸内のガスの駆逐に効果を発揮します。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日二〜三回食前。




身近な材料で効果的

蘇生陳皮酒

【材料】
蘇葉50g、生姜25g、陳皮30g、焼酎1リットル、砂糖100g、果糖80g。

【効果】
健胃、嘔気、消化不良、食欲不振。
 芳香とかすかな苦みを感じるおいしい酒です。生姜と陳皮が主薬で、胃を軽くし、胃の働きを助け、気分を爽快にします。長く飲んでも害がなく、常用薬として最適。生姜の代わりに、生のヒネショウガを薄切りにしても効果は変わりません。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日三回食前か空腹時に。




 

●特に女性におすすめしたい漢方薬酒

 

女性の健康と美容をつくる漢方酒




【材料】
当帰15g、芍薬8g、牧丹皮7g、赤茯(または茯苓)8g、龍眼肉15g、香附子7g、紅花10g、山梔子5g、ハッカ葉5g、柴胡5g、菊花5g、大棗10g、焼酎1リットル、砂糖150g、はちみつ80g

【効果】
生理不順、血色不良、貧血、美容、保健強壮。
赤褐色の特異な芳香と味の酒。才色兼備で有名な唐の玄宗皇帝の妃、楊貴妃が愛用したという女性専用の名酒。血液の循環をよくして体を温め、生理の苦痛を和らげ、血を増やして血色をよくし、心を穏やかにする、美容と健康に効果が顕著。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日二〜三回毎食前か食間に。




日本代表的な漢方処方婦人酒   女性のイライラ・ヒステリ−に


五物活血酒



当帰紅棗酒

【材料】
当帰25g、四川キュウ20g、芍薬20g、 熟地黄20g、紅花15g、焼酎1リットル、 砂糖100g、みりん50g

【効果】
生理不順、生理痛、冷え症、血色不良。
日本の漢方の、補血、活血、調経 の代表的な処方、四物湯を酒にし たもので、血液による栄養作用が 衰えて、栄養不良状態にある人に、 滋養強壮、気分の鎮静、鎮痙、月 経調整などの効果を発揮します。
妊娠中はひかえて。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日二〜三回毎食前に。

【材料】
当帰40g、香附子30g、紅花15g、大棗30g、甘草15g、焼酎1リットル、砂糖100g、果糖30g。

【効果】
生理不順、生理痛、血色不良、気分うっ滞。
独特な香りと苦みのある酒。当帰 と香附子、紅花が女性の「血の道 症」に効果を発揮します。同時に、 大棗と甘草が気分のうっ滞や、イ ライラを和らげます。アルコ−ルの 効能でストレス解消の効果がさらに 強化されます。妊娠中はひかえて。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日三回毎食前。




●精神を安定させる漢方薬酒

 

気持ちの高ぶりを鎮める

養 心 酒

【材料】
朝鮮人参10g、白朮10g、茯苓20g、龍眼肉20g、酸棗仁20g、遠志10g、大棗10g、焼酎1リットル、砂糖100g、果糖50g。

【効果】
鎮静、不眠、イライラ、不安神経症、血色不良。
 赤褐色の、 まろやかな甘みのおいしい酒。 酸棗仁は炒って砕いてから漬けます。気持ちが高ぶって、常にイライラし、落着かない人や、疲れやすく、無力感、 食欲不振、浅眠、 多夢に悩む人に適し、神経を鎮めて睡眠に導く作用があります。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日三回毎食前か空腹時に。




肝臓からくるイライラに





【材料】
烏薬25g、青皮25g、柴胡30g、甘草20g、芍薬25g、焼酎1リットル、砂糖100g、はちみつ50g。

【効果】
イライラ、不安症、ストレス解消、神経質。
 漢方薬でいう「肝気うっ血」に効果があります。肝臓が悪くなると怒りっぽくなるといわれ、烏薬、青皮、柴胡が肝臓のうっ血を解き、気分を鎮めます。さらに甘草、芍薬の鎮静作用が効果を助けます。

【飲み方】
一回三〇ミリリットル、一日二〜三回食間に。




●筋肉痛、腰痛を和らげる漢方薬酒

 

老人の足腰の衰えにもよい





【材料】
牛膝20g、丹参15g、芍薬30g、桂皮15g、木瓜10g、蒼朮20g、甘草20g、焼酎1リットル、砂糖100g、果糖30g。

【効果】
筋肉痛、腰痛、四肢のしびれ、慢性関節炎。
牛膝は脚、腰、下腹部を充実し力をつけるといわれ、それに、血液の循環をよくする生薬、鎮痛、鎮静作用のある生薬の協力によって症状を改善します。アルコ−ルが血液循環を促進してさらに効果を高めます。

【飲み方】
一回二五ミリリットル、一日三回食前か食間に。




●単方漢方薬酒

老化を防止

何首烏酒

【材料】
何首烏150g、焼酎1リットル、砂糖150g、黒糖50g

【効果】
滋養強壮、腰脚倦怠、病的白髪、早期老化。
 わずかな苦みと渋みのあるおいしい酒。何首烏には、血清コレステロ−ルを降下させる作用や、動脈硬化を抑制し、脂質が血管に付着するのを防ぐ働きがあります。中国の古書に「…血を養って肝を益し…筋骨を健にし頭髪を黒く」という記事も。

【飲み方】
一日二〇ミリリットル、一日二回朝夕食前に。




虚弱体質効果大



【材料】
朝鮮人参150g、焼酎1リットル、砂糖100g、はちみつ50g

【効果】
虚弱体質、食欲不振、下痢便体質、健忘症、冷え症、動悸、疲れやすい。
 琥珀色の、わずかな苦みがある上品な味。ブランデ−を少量入れると香りがさえます。朝鮮人参は神経の興奮伝導を速め、元気を補い、心臓収縮力を強める作用があります。しかし、血圧を一時的に高めるので、高血圧の人はひかえましょう。

【飲み方】
一回二〇ミリリットル、一日二回朝夕食に。



株式会社 東 苑
東京都中央区日本橋2-1-17丹生ビル7F
TEL 03-3510-6553
FAX 03-3510-6179